長尾谷高等学校枚方本校 京都校 梅田校 奈良校 なんば校

MENU

学校の紹介

通信制高校とは

長尾谷高校では

20160610_Nagaodani-0975

長尾谷高校では、月・水・金の週3日間と、半年に5日間の土曜日に授業(スクーリング)を行っています。
ただし、火曜日と木曜日に「総合学習」や「学校設定科目」を学習したり、部活動を楽しんだりすることができます。
また長尾谷高校は、普通科です。つまり、工業や水産、農業などの専門の科目ではなく、国語、数学、英語などの普通教科を学んでいます。ただし、商業科目は各校で開講しています。

全日制高校との違い・特徴

  • 大学感覚で学べる通信制・単位制高校です。授業時間にだけ出席し、授業が終われば帰れます。朝のホームルーム、終わりのホームルームなどはありません。
  • 登校日は、月・水・金または土曜日の中で自分が登録した科目のある日です。
  • 前期・後期の2期制で、半年毎に試験を実施し単位を認定します。学年制がないため、留年はありません。
  • 登録する単位は、最大半年で20単位、1年間で40単位までです。授業料は1単位あたり9000円です。
  • 卒業するには、3年以上の在籍、74単位以上、30時間以上の特別活動が必要です。
  • 上級検定取得による単位は、20単位まで、認定します。高等学校卒業程度認定試験は30単位まで認定します。
  • 前籍校の単位は原則すべて認定します。
  • 留学は、半年で18単位、1年で36単位まで認定します。ただし、留学先の成績が5段階で評定値2以上が必要です。留学中は、本校での単位登録は必要ありません。本校に関する諸経費も必要ありません。
  • レポートは、決められた回数提出します。各回60点以上で合格となります。
  • 標準服は希望者のみが着用します。
  • 登校日が少ないため、定期券ではなく、回数券の発行となります。回数券では、交通費は半額となります。学割証は発行します。ただし、京都市営地下鉄、京都市バスのみ定期券が発行されます。
  • 大阪府育英会などの各府県の奨学金制度を利用することができます。前籍校の奨学金は手続きをすれば継続されます。
  • 姉妹校の東洋Fデザイン専門学校、東洋きもの専門学校、ユービック情報専門学校への進学は、入学金などが免除される特典があります。
  • スクーリング以外の時間を、自分の目標に合わせて自由に計画することができます。芸能界やスポーツなどで活躍しながら通学すること、予備校に通うことも可能です。

インターネットを利用した学習サポート

生徒専用サイト|Nagaodani Cyber Campus(NCC)

ホームページに本校に関する様々な情報が掲載されています。
中でも、生徒専用サイト『サイバーキャンパス(NCC)』はID・パスワードでログインすると、レポートのダウンロードができたり、スクーリングや特別活動への参加状況、レポート点数など点数なども確認することができます。

スクーリング(授業・面接指導)とは・・・?

通信制・単位制高校のスクーリングとは、「通学して授業を受ける」ことです。
単位認定のためには、スクーリングは、レポート提出・テストとともに重要な三本柱のひとつです。
全日制と違い毎日登校する必要はありませんが、科目ごとに授業の必要出席数が定められており、それをクリアする必要があります。
大学受験や就職など夢の実現へ向かって、自分のペースに合わせて時間割を作成し受講することができます。

  • 平日スクーリング(月・水・金)

    教科・科目のスクーリングは、原則として月・水・金曜日に行われます。

  • 土曜スクーリング

    仕事をしながら学習する人など、平日のスクーリングに十分に出席し難い場合を想定し、土曜スクーリングも実施しております。

スクーリングの時間割
午前 1限目 9:20〜10:10
2限目 10:20〜11:10
3限目 11:20〜12:10
昼休み
午後 4限目 13:00〜13:50
5限目 14:00〜14:50
6限目 15:00〜15:50

放送視聴によるスクーリング

スクーリングの基本は登校ですが、それ以外にも「放送視聴によるスクーリング」があります。
特別な事情でスクーリングに出席できない場合は「NHK高校講座」等の視聴や学校が指定したメディア教材を利用して学習することで、スクーリングの一部に替えることができます。
ただし、許可制ですので特別な事情※がある場合は相談してください。

※特別な事情とは
・慢性的な病気や事故のため、入院または自宅療養が必要
・さまざまな要因により学校になじめず、登校しにくい
・仕事に就いていて、どうしても時間のやりくりができない
・ハンクーバー高等学院など海外の提携校で学習する

TOP

0120-750-150(平日9:00〜16:00)